出会い系を利用した詐欺は運営サイトによるものが激減しています。

出会いを利用した詐欺

婚活アプリで詐欺にあって悩む女性

 

出会いを利用した詐欺は昔から多く見られますが、出会い系アプリの普及によって詐欺の手口は変化しました。
以前は運営サイトが詐欺行為をしているケースが大半を占めていましたが、昨今は出会い系を使ってユーザーに近づき、実際にデートを重ねるなどして詐欺へ誘導される被害が増えています。
出会いを利用した詐欺の種類と手口をまとめました。

 

運営サイトによる詐欺行為は急減

 

アプリではなくWebプラウザを活用していた出会い系サイト時代では以下の詐欺行為がよく見られました。

 

  • 架空請求、悪質な高額請求
  • サクラを活用した課金誘導

 

出会い系サイトから出会い系アプリに進化したことによって、ダウンロードページのレビューやSNSの投稿から利用者の声を共有できるようになり、運営サイトによる詐欺行為は激減しました。
昨今は、メッセージ毎の都度課金(ポイント制)ではなく、月額制でメッセージ送り放題の出会い系アプリが主流のため、サクラを活用した詐欺行為も減っています。

 

出会ってから行う詐欺行為が増加

 

運営サイトによる詐欺行為が減った一方で、詐欺グループなどが会員登録を行い、マッチングした相手に対して個人単位の詐欺を行う事例が増えています。
代表的な手法をご覧ください。

 

  • 結婚詐欺
  • 高額な商品を買わせる
  • ネットワークビジネスや宗教の勧誘
  • 他の詐欺サイトへの誘導
  • 美人局行為などによる恐喝
  • ボッタクリ飲食店への誘導
  • 嘘の事情でカンパの要求

 

結婚詐欺や勧誘系などのように個人単位で行われる詐欺のほか、デートをすると共謀しているバッタクリ店に誘導されたり、「俺の女に手を出した」などと難癖をつける男の登場など、組織的な犯行も多数見られます。
大手出会い系サイトは悪質ユーザーの取り締まりを行っていますが、どれだけ評判の良い出会い系サイトでも会員になりすました詐欺行為を完璧に回避できません。
急展開で発展したり不自然なやり取りが行われるなど、怪しいと感じた場合は警戒してください。

 

SNSを通じた出会い

 

すぐにデートしたい気持ちを抱くものですが、メッセージのやり取りをしっかり行い、初デートは無難な喫茶店や飲食店で軽食だけの顔合わせにしておくなど、信用できる相手だと確信するまでは慎重に行動しましょう。

 

時間をかけた詐欺行為もある

 

詐欺行為をする人の中には、普通のデートを数回繰り返して交際する直前の段階まで発展させてからお金を払わせようとしてくることがあります。
なかにはキスや大人の関係、交際まで関係を発展させてから詐欺行為をしてくるケースもあるので注意しましょう。

 

よくある手口としては、告白したら「実は借金があって・・・」などとカミングアウトされたり、スマホの調子が悪いことを理由に高額なポイント消費が必要な詐欺サイトへの誘導などがあります。
出会いのキッカケが出会い系だった場合は、借金や病気など特別な事情などの話をされた時点で疑うようにしてください。

 

悪質な人は、詐欺するために専用のSNSや個人ブログを運用するなど、信用させようと巧みな手口を駆使しています。
どれだけ信頼関係を積み上げていても、高額なお金を払うシチュエーションになったら、裏付けをしっかり取るようにしましょう。

 

 

ページの先頭へ戻る