どのマッチングアプリでも、出会いまでの流れには定番の型があります。

アプリでの出会いの流れ

アプリでの出会いの流れは次の通りです。

  1. インストール&会員登録
  2. マッチング
  3. アプリ内でのやり取り
  4. デート

 

アプリの種類によって細かい流れとルールが異なりますが、大まかな流れは上記の4STEPが定番の形になっています。

 

アプリを利用する流れ

マッチングアプリを利用する女性

アプリを使った出会いですので、まずは任意のアプリをスマホへインストールしましょう。
出会いの定番アプリはマッチング(出会い系)アプリおよび婚活アプリです。
一部でアプリ版とWeb版の双方を用意しているコンテンツがあります。

 

この場合、操作性はアプリ版が勝りますが、Web版の方が割安だったりアダルトコンテンツが充実していたりするケースがあります。
気になるアプリがあれば、Web版とアプリ版の料金・機能を比較してみてください。

 

インストールしたアプリを起動すると、簡易的な無料会員登録を案内されます。
ニックネームや居住地、年齢など必須項目のプロフィール情報を埋めると、アプリ内で異性ユーザーの閲覧ができます。

 

アプリによっては女性が完全無料になっていて、会員登録のみでアプリの機能を全て利用可能です。
男性の場合は会員登録と異性ユーザーの閲覧、メッセージの受信までは無料会員登録でできますが、課金しないと女性ユーザーへメッセージを送れません。

 

課金方式はポイント制(メッセージ毎にポイント消費)と月額制の2種類があります。
iTunesストアやGooglePlayストアなどOSの正規ストアに登録しているアプリは、原則としてアプリ内課金が必須です。

 

マッチング

アプリでマッチングするイメージ

一般的なマッチング方法は、検索機能やオススメユーザー表示から気になる異性ユーザーへ「いいね」を送り、「いいね」を受け取ったユーザーが送り主のプロフィールを見て気に入ったら「いいね」を返し、お互いがいいねを送っている状況になればマッチングとなりメッセージ機能が解放される流れです。

 

昔ながらの出会い系アプリの場合は、いいねによるマッチングがなくても直接メッセージを送れるケースがあるので、利用するアプリのルールと利用手順をしっかり確認しておきましょう。
昨今は自動的に抽出された異性ユーザーのプロフィール写真が連続で表示され、その中で気になるユーザーを選んでいくものや、スマホのGPS機能ですれ違ったユーザーを表示するなど、独自性の高い機能を搭載したアプリが次々と登場しています。

 

  • マッチングのしやすさ(会員数)
  • 外見(プロフィール写真)の重要度
  • 近くの人やすぐ合える人を見つけられるか?
  • マッチングする相手の質(条件検索機能・真剣度など)

 

上記の項目から優先順位を整理して、利用するアプリを選ぶとよいでしょう。

 

アプリ内でのやり取り

マッチングアプリにはアプリ内でメッセージ交換をできる機能を搭載しています。
従来からのメール方式のほか、LINEのようにチャット形式でスタンプ機能を搭載したアプリが登場しています。

 

一部のアプリには動画や録音した音声、ギフトなどを送れる機能があるなど、ここ数年でアプリの機能性は大きな進化を遂げました。
昨今は定番のマッチングアプリ内でビデオ通話ができる「オンラインデート機能」が増えています。
アプリの機能を上手に活用しながら、マッチングしたユーザーと仲良くなっていきましょう。

 

月額制で利用できるアプリはメッセージ機能を無制限で利用できるため、初デートまではアプリ内でやり取りする流れが定番です。
メッセージ毎にポイントが必要な都度課金制の所は、LINEなど連絡先交換を早めにできると費用を節約できます。

 

デートする時のポイント

アプリで知り合った相手とのデート

お互いに出会いを目的にしている場合、場所や時間の都合が合えばスムーズにデートできることが多いです。
アプリでの出会いからデートをする際は、利用しているアプリの特性に応じて対応を変えましょう。

 

手軽にマッチングできるアプリの場合、多くの人が複数の異性ユーザーと同時進行でやり取りをしています。
デートできた場合は積極性を出すことが大切です。本気の婚活が目的だった場合は、慎重かつ丁寧に進めるなど誠実さを見せるようにしましょう。

 

その他、遊び系(パパ活など)はデート前の段階から大まかな流れを決めておくとスムーズです。
パパ活の場合は女性側も相手を選ぶので、初デートは喫茶店でお茶をするだけなど顔合わせのようなデートにすることが多いです。

 

いずれにせよ、余計な駆け引きをしたり消極的になったりして、自分の気持ちをデート相手に誤解されないように注意しましょう。

ページの先頭へ戻る