婚活アプリは男女ともに結婚を真剣に考えて出会いを求める場所です。

婚活アプリ

婚活と男女の人形

 

婚活アプリは出会い系アプリの1種で、名称の通り婚活を目的にした出会いに特化しています。

 

婚活系サービスはパーティーや街コンなど幅広い方法がありますが、婚活アプリは出会い系アプリと同様にユーザー同士がネット上でマッチングして、メッセージのやり取りからデートなどへ発展させていく流れです。
婚活アプリを利用する際の注意点や普通の出会い系アプリとの違いなどをまとめました。

 

婚活アプリの特徴

 

婚活アプリは男女ともに結婚を考えた真剣な交際を求めています。
そのため、男性ユーザーは社会人の比率が高く、アプリによっては任意項目で年収を公開する項目があります。

 

女性は専業主婦を目的にしている方もいるため、一部で20歳前後の若い女性が活用していて、20代は無料・30代以上は女性でも有料など婚活アプリならではの料金設定が特徴です。
このほか、男女ともに30代以上をメインターゲットにしたものなど、幅広いマッチングサービスがあります。
一般的な出会い系アプリと婚活アプリの大きな違いをまとめると

 

  • 男性は容姿だけではなく内面や職業を重視される傾向が強い
  • 女性は20代後半から30代前半以上でも利用しやすいアプリが多い(普通の婚活アプリは若い方が圧倒的に有利)
  • 女性も有料のサービスが多数あるので女性会員の信頼性と積極性が高い
  • 結婚相談所などと提携したサービスが豊富(婚活パーティーやユーザーサポートなど)

 

このように、婚活を目的にしている場合は出会い系アプリよりも有利な人が多く、容姿以外の要素でマッチングする事例が多数あります。
利用者の増加や充実したサポートの付いた婚活アプリが増えたことによって結婚相談所から大きくシェアを奪い、婚活手段の代表的な方法として世間に認知されています。

 

 

結婚相談所並に厳しい管理をするケースも

 

一部の婚活アプリは独身証明書や収入証明の提出を義務づけるケースがあり、男女ともに身分証のデータを送付しないと登録できないルールが多いです。
婚活アプリは全体的に年齢層が高めで、従来の悪質な出会い系サイトの影響でネット上の婚活を周囲に内緒にしたい要望が多く、手軽に会員登録できないことで身バレしないメリットがあります。

 

さらに、顔出しを義務づけているケースも多く、冷やかし目的で気軽に利用できるものではありません。

 

このように恋人探しを行う出会い系アプリとは違い、量(会員数)より質を重視した運営をしている所が多いです。
婚活アプリを利用する際は、会員数だけではなく会員になる基準やユーザーの質を確認しておきましょう。

 

 

スマホアプリは婚活サービスの最終形態!?

 

婚活アプリは出会い系アプリと結婚相談所の中間のようなサービスです。
料金は安いけど女性も有料にして会員登録基準を厳しくすることで、サービスの質を高めています。

 

提供しているサービスは婚活目的に特化した集客をする以外に特別な特徴はありませんが、料金・会員数・お手軽感のバランスが良いことで婚活手法の主流に変化してきました。

 

男女それぞれの会員が求める需要を汲み取って作られたシステムは利用者から好評で、若い人や安定した職を持っている方、共働きに応じてくれる方など求めるパートナー像に応じて、幅広い出会いを得ることができます。

 

出会い系アプリと同様に信頼できる大手が提供しているサービスが多数あるので、本気で婚活を始めたい方はぜひ婚活アプリを試してみてください。

ページの先頭へ戻る