ひめの略歴
注・つまらないから読まないほうがいーよ(笑)

神奈川県相模原市内で生まれる。
出産予定日が一日ずれたので、かに座からしし座に。
ここでひとつ運命が変わる。
母は私を身ごもった状態で交通事故にあったりしたが、私は無事だった。
生まれてからも、ベビーベッドに蛍光灯が落ちて来たり、
高さ2メートルくらいのどぶに落ちたりしたが無事。悪運の強い子供。
ちなみに人一倍人見知りの強い子で、どれだけ顔見知りでもなつかなかったらしい。
3歳の時、横須賀に引越し。ペリー記念碑のそばで小学生まで過ごす。
以来、夏にやる黒船祭りは、ほぼ毎年欠かさず行っている。
横須賀時代も、マンションの非常階段から転げ落ちたり、
うちのマンションでおきたとびおり自殺の死体を見つけたりしつつ何とか生きる。
人一倍の怖がりで、一人で留守番も出来ないし、寝ることも出来ない子供だった。
このころ、習字や水泳やバレエやポートボールをやったが、
どれひとつ長続きしなかったあたり、根気の無さがうかがえる。
中学にあがると同時に横浜に引越し。
八景島が出来るまで、全く地味だった金沢区へ。
バレーボール部に入部したが、1年で退部。
小さい頃からマンガは好きだったけど、そのころから、同人に興味を持つ。
お約束で「星矢」から、入る。
FRにはまり、ファンジンや座談会にまで出たりした。
でもイラストは全く上手くならず、載らなかった。
ちまちまとペーパーを出してりして地味な活動をする。
言うのもこっぱずかしい、詩の本に投稿し始めたりもした。
高校にあがってから、文芸部に入る。
このころもじみ〜な活動のみ。
当時付き合っていた彼氏に、「Hな漫画の本を読みたい」とリクエストして、
某えっち漫画雑誌(今は廃刊)と出会う。
投稿ページを見て、「ここなら載るかも」と思って安易に投稿。
PNの「ねこ丸」はH本だから、それっぽいのがいいだろうと思って
その時てきと〜に決めた。今思うと何がそれっぽいのかわからんが。
まさかその後何年も使う事になるとはその時は全く思わず。
高校時代はその某詩の本と某H雑誌への投稿に明け暮れる。
合作しまくりで、「合作の女王」の異名を取る。
進路を決めるときは、4大希望だったけど、推薦のみとゆ〜なめた事を言っていた。
某T大の推薦を受かる気(合格圏だったのだ)で受けて、落ちる。
あわてて、考えていなかった短大に切り替え。
早く受験地獄から助かりたかったので、あくまでも推薦で。
ホントに改めて思うけど、なめた事言ってたなぁ・・・。
願書を出してから受験日まで2週間弱というおっそろしいスケジュールで
何とか合格。K短大に。
(ちなみに推薦書を取るのに、先生に無理言ったなんて秘密ですw)
短大時代はふつ〜の、地味な学生だった。
飲みサークルに入って、飲み会したりバイトしたり。
途中ブランクも有りつつ、一応ハガキ投稿は続けて。
個人ペーパーは地味に出しつづけてたし。
そのうち某H雑誌が廃刊になり、後続雑誌が出たけど、投稿ページがつまんなくなったのでやめる。
色々雑誌を探したけど続かなくて、雑誌ジプシーになる。
コミケにはずっと友達の売り子で出る。
コスプレもしたかったけど、当時はチャイナドレスくらいしか着なかった。
投稿再開は「ドルフィン」、そのまま姉妹誌の「ラッツ」に。
ちなみに「ラッツ」は廃刊したw
コスプレデビューは実は遅い。
したいしたいとは思っていたけど、周囲にコスプレに興味のある友達もいなかったし。
自分で作るスキルもなく、、業者製のものを買うお金も無かった。
そんなとき、ちょうど個人情報誌にはまってて、そこで
「コスプレ衣装つくります」の情報を見つけて依頼。
はまりまくってたときメモの衣装を作ってもらう。
そして、初のコスプレデビュー。
コスプレの個人情報誌とか買ったりして、これまた地道に活動をはじめる。
ちなみに私生活では短大卒業後、印刷会社でCADオペレーターとして働く。
でも仕事が無く、暇疲れするくらいの会社だったので、1年ちょっとでやめる。
その後パーラー内のコーヒーサービスや、カラオケボックスのバイトなどしながら車の免許を取ったり。
接客業が向いてることに気づいて、次に就職するときも金融会社の受付を選ぶ。
金融会社は1年ちょっと勤めて、留学のためにやめる。(最後の方は資金を貯めるためだけに働いてた)
留学はいきなり決めた。
ワーキングホリデーで行ける国は3つ。
ニュージーランド、オーストラリア、カナダ。
(今はもっと増えたけどね)
海が好きだからゴールドコーストに。
それなりに色々あった14ヶ月半だった。
私の人生の、たった14ヶ月半、だけど14ヶ月半。
英語学校に行き、ホームステイをし、英語を学び、ガイドの仕事をし、
色んな街をまわって、いろんな経験をして。
そして、帰国。
HPは留学中に友達に作ってもらって開設。
離れてても、日本のみんなとコンタクトが取れて、幸せ。
帰国してすぐにコスプレとハガキ投稿復帰。
生活も急変。
一人暮しをはじめることに、そして派遣で仕事も見つけて今にいたる。
小さい頃、23歳で結婚して24歳で若いママになると言ってたのに、
すっかりその予定はくずれ、今後も未定。
昔読んだ占いの本で「早婚か晩婚。もしくは電撃結婚」とあった。
とりあえず早婚は無いので、晩婚を期待。
大穴で電撃結婚も期待。
そんな、私の人生なり。

・・・読んで損したね(笑)

追伸、というか追加。
まあ、当たり前ですがこの略歴を作成してからも私の人生は続いてるので
本来この後も続けて書いていくべきかなーと思ったんですが。
それだと延々自伝を書いていく感じになってしまいそうなのでw
今は全然違う生活してるしね(゜ー゜;Aアセアセ
とりあえず略歴はいったんここまでって事で。